議会について

議会について

Q1 県議会とはなんでしょうか

 私たちの愛する新潟県を豊かな住みよい地域社会にするためには、地域の声が反映された上で、議論をし着実に実行していく必要があります。そこで、選挙によって代表者を選び話し合う場所が県議会です。県議会では「議決機関」として、議案などの審議を通じて県民の求める県政の基本的な方針を決定します。そして、知事をリーダーとする「執行機関」は議会の決定に沿って仕事を進めることとなります。また、県議会は「執行機関」が行った仕事が、本当に県民のために有益であったかどうかについても厳しいチェックを行っています。

Q2 委員会とはなんでしょうか。

 県の仕事は、福祉医療、産業、教育など県民からの多様な行政需要に応えるため、多岐にわたり複雑化しています。そこで、専門的に詳しく、効率的に審査するため、次のような委員会を設けています。

1 議会運営委員会
 議会が円滑に運営されるよう、議会の会期、議事に関する事項など重要な事項を協議・調査等します。
 
(1) 委員の定数
 委員会を構成する党会派(所属議員5人以上を有する党会派)の代表者各1人のほか、所属議員5人につき1人を加えたものとしています。
 (自由民主党7人、民主にいがた2人)
 
(2)  所管事項
 ○議会の会期及び議事に関する事項その他議会の運営に関する事項
 ○議会の会議規則、委員会条例等に関する事項
 ○議長の諮問に関する事項
2 常任委員会
 本会議で付託された議案、請願等を詳細に審査するほか、所管する県の諸課題について調査を行います。
 県の仕事を部局ごとに分けて、4つの委員会が置かれています。
 議員は必ずいずれかの委員会に所属します。
 
(1) 名称、定数、所管事項
名称 定数 所管事項
総務文教
委員会
14人  県の財政状況、予算の総合調整、行財政システムの改革、私学の振興、国際化・情報化の推進、県の長期総合計画の策定、学校教育の充実、スポーツの振興などについて審査、調査します。
 
【所管部局】
 知事政策局、総務管理部、出納局、議会事務局、
 選挙管理委員会、人事委員会、監査委員、教育委員会
厚生環境
委員会
13人  高齢者・障害者・乳幼児などに対する福祉の充実、医療体制の充実、健康づくり、青少年の健全育成、男女共同参画社会の形成、環境保全、防災対策、県立病院の運営などについて審査、調査します。
 
【所管部局】
 県民生活・環境部、防災局、福祉保健部、病院局
産業経済
委員会
13人  労働争議の調整、商工業の振興、中小企業の育成、新産業の創出、雇用の促進、観光の振興、農林水産業の振興、農業基盤の整備、などについて審査、調査します。
 
【所管部局】
 労働委員会、産業労働観光部、農林水産部、農地部
建設公安
委員会
13人  道路交通網・河川などの整備、空港・港湾の利用促進、交通体系の整備、電気・工業用水道等公営企業の運営、治安の確保、交通安全対策などについて審査、調査します。
 
【所管部局】
 土木部、交通政策局、企業局、公安委員会
3 特別委員会
 特定の事項について審査・調査するため、必要に応じて本会議の議決によって設置しています。
 
(1) 名称、定数、設置目的
名称 定数 設置目的
絆づくり・人口減問題
対策特別委員会
17人  人と人との絆を基礎とした少子高齢社会における保健・医療・福祉の充実等及び青少年の健全育成に向けた青少年犯罪やいじめなどの対策並びに男女共同参画推進を踏まえた子育て等の支援並びに急激な人口減社会を見据えた人口減問題の対策等に関する事項の調査
総合交通・防災対策
特別委員会
17人 均衡ある県土の発展と地域の文化や資源などの特長を生かした豊かな生活環境の維持・向上とともに、北陸新幹線開業後における並行在来線を含めた県内の総合交通対策や物流拠点化・交流人口増加に向けた対策並びに災害に強い社会システムの構築に関する事項の調査
新産業・雇用対策
特別委員会
17人  円高・デフレに伴う厳しい経済情勢や産業の空洞化を踏まえた県民の安全・安心な社会の基盤となる雇用の確保対策及び雇用拡大につながる優れた企業の育成や魅力ある農林水産業の実現に関する事項の調査
決算審査特別委員会
 ・普通会計
 ・企業会計
   決算関係議案が提出されると設置され、公営企業会計、一般会計及び特別会計の決算について審査します。

(2) 委員及び正・副委員長の選任方法
 委員は、本会議において議長の指名により選任しています。
 また、正・副委員長についても議会において選任します。

Q3 議員定数や選挙区別定数はどのように決められていますか?

 県議会議員は、各市・郡の28選挙区から選ばれています。
 議員の定数(定員)は、53人と定められています。
 議員の任期は、4年です。

選挙区別議員定数(平成19年4月30日現在)
選挙区及び定数

岩船郡  1人 新潟市西区  3人 小千谷市  1人 妙高市  1人
新潟市北区  2人 新潟市西蒲区  1人 加茂市南蒲原郡  1人 五泉市東蒲原郡  2人
新潟市東区  2人 長岡市三島郡  6人 十日町市中魚沼郡  2人 阿賀野市  1人
新潟市中央区  3人 上越市  5人 見附市  1人 佐渡市  2人
新潟市江南区  1人 三条市  2人 村上市  1人 魚沼市北魚沼郡  1人
新潟市秋葉区  2人 柏崎市刈羽郡  2人 燕市西蒲原郡  2人 南魚沼市南魚沼郡  2人
新潟市南区  1人 新発田市北蒲原郡   3人 糸魚川市  1人 胎内市  1人
HOMEへ戻る