秋葉区のご紹介

2007(平成19)年4月1日、旧新津市と旧小須戸町がひとつになって「秋葉区」が誕生しました。

 新潟県・新潟市の中で南東に位置し、東を阿賀野川、西を信濃川に囲まれ、南には山間丘陵部を有し四季を通じて美しい表情を見せる緑豊かなまちです。
 かつては石油や鉄道のまちとして栄え、現在は花き、球根の生産地として全国に知られています。サツキ、ボケ、アザレア、寒梅を中心とする色鮮やかな花たちが「まち」を彩り、毎年関東方面を中心に数多く出荷されています。

秋葉区の概要

面積 95.38平方キロメートル
人口 78,125人
  男 37,463人
  女 40,662人
世帯数 28,751世帯

※2014年12月末現在

詳しい紹介は
秋葉区役所ホームページ
新津観光協会ホームページ
等をご覧ください。

秋葉区地図
 
HOMEへ戻る